インクルーシブデザイン

〜ホームページより抜粋〜
  • インクルーシブデザインとは、高齢者、障がい者、外国人など、従来、デザインプロセスから除外されてきた多様な人々を、デザインプロセスの上流から巻き込むデザイン手法です。
  • インクルーシブデサインは、超高齢社会の様々な施設、プロダクト、サービス、Webなどをデザインするための大変有効な手法です。
  • インクルーシブデザインは高齢者や障がい者向けのデザインだけでなく、多くの人々に訴求できるデザインをも実現します。完全に成熟した経済では、もはや平均的なユーザの声を聴くことから差別化できる商品を創造するのは困難です。インクルーシブデザインのワークショップには、健常者には気付かないような発見があり、ヒット商品を生み出す洞察を得ることができます。
  • インクルーシブデザインは、施設、プロダクト・サービスのデザイン、Webデザイン、ビジネスプロセスのデザインなど広い範囲での活用が可能です。
  • 企業研修でインクルーシブデザインのワークショップを導入する企業が増えています。多様な人々が参加するワークショップで、既成概念を打ち破り新たなビジネスを創造する手法を学ぶことができます。
  • インクルーシブデザイン・ソリューションズは、高齢者、障がい者、外国人など多様な人々が、各々の可能性を存分に追求できる社会を目指します。

 

〜スマイルポイント〜

みなさんはこういった取り組みを知っていましたか?

健常者には気付かないような発見をその商品から見つけてヒット商品を生み出す事が出来ます.障害を+の概念として考えて障害があるからこそ見つけられるものがあるというワークショップです.

例えば,視覚障害を持っている方は持っていない方に比べると触覚が半端なく発達しています.その方達にタオルを作ってもらったらめちゃくちゃさわり心地の良いタオルが出来るんです.それはみーんな気持ち良くなるようなタオル.

他にも色々な商品があるようです.

今後こういった商品は出てくるはずなので気にしてみてみて下さい!