三鷹天命反転住宅


〜ホームページより抜粋〜

三鷹天命反転住宅について

三鷹天命反転住宅 In Memory of Helen Keller は、芸術家/建築家の荒川修作+マドリン・ギンズによる、世界で最初に完成した「死なないための住宅」です。

「死なないための家」、そして In Memory of Helen Keller ~ヘレン・ケラーのために~ と謳われる理由には、さまざまな身体能力の違いを越えて、この住宅には住む人それぞれに合った使用の仕方があり、その使用法は自由であるということが言えます。3歳の子どもが大人より使いこなせる場所もあれば、70歳以上の大人にしかできない動きも生じます。

私たち一人一人の身体はすべて異なっており、日々変化するものでもあります。与えられた環境・条件をあたりまえと思わずにちょっと過ごしてみるだけで、今まで不可能と思われていたことが可能になるかもしれない=天命反転が可能になる、ということでもあります。荒川修作+マドリン・ギンズは「天命反転」の実践を成し遂げた人物として、ヘレン・ケラーを作品を制作する上でのモデルとしています。

三鷹天命反転住宅は、私たち一人一人がヘレン・ケラーのようになれる可能性を秘めています。その意味において、三鷹天命反転住宅は「死なないための家」となるのです。

 

〜スマイルポイント〜

ユニバーサルデザインやバリアフリー住宅などが主流の今,一人一人の体は異なっていて,日々変化するものというコンセプトで環境を合えてバリアフリー等にしない住宅.それによって出来ないと思っていた事も出来るかもしれない.なんて良いんでしょう.可能性を引き出すっていうのは必要.

どうせ出来ないでしょうって思ってたらそれでおしまい.

出来ないでしょうじゃなくで出きるんじゃない!?出来るでしょ!可能性は無限大!出来ないって決めつけるのは良くない!

色々な可能性を見つけていきましょ!