NPO法人ライフサポートてだこ

〜ホームページより抜粋〜

浦添市にこだわって福祉活動、まちづくり活動を行なっています。浦添市で暮らす全ての人が、子どもでも老人でも、障がいを持っていてもいなくても、家族といても一人暮らしでも、誰もが幸せになれる街づくりに貢献していきます。 介護保険事業、自立支援事業、その他の介護事業で経営を支えながら、加えて、映画上映会やまちづくり事業、難病とたたかう子どもの夢をかなえる活動のお手伝いをしています。


 

 

〜スマイルポイント〜

いや〜本当に世の中にはいろんーんな方が存在しますね!!

勉強になります.沖縄県でNPO法人を立ち上げた松本哲治さん.ブログも書いているので是非見て下さい.

HELP MAN!JAPANという講談社とRECRUITで作成している雑誌を紹介してもらい,そのなかで紹介されているNPO法人でした.その記事の中で一番すきな言葉は『一人ひとりの生活を理解し,最期まで伴走していきたい』です.一人ひとりの生活を理解するって事はとっても大事だと思います.しっかりその方のバックグラウンドや家族,友人関係などしっかり理解した上で良いサービスを提供出来れば本当に最期まで自宅での療養が実現可能かなって思います.

医療従事者はなかなかそのバックグラウンドや本当のニーズを引き出すことが苦手かな?って思います.いいサービスがあるから導入しようでは自己満足で終わってしまうような気がします.私もまだまだですが,『一人ひとりの生活を理解し,最期まで伴走していきたい』を心に刻んでいきたいなって思います.