本当の声

今日は第二回スマスペイベントを開催しました!!

パーキンソン病の方達を対象にして運動機会を地域ごとに作っていきたいって思いで開催しました.

そもそも,パーキンソン病は今では初期から運動した方が良いと言われていますが,以前はそうは言われていなかった.その名残もあり,初期からガンガン運動をする概念がない病院もあるようです.そんななか,「運動したいけど一人では続かない」「運動するところがない」「リハビリテーションをする場所がない」なんて声を良く聞きました.

じゃー自分たちでその流れを作ってしまえ!!!!

そうして始まったのが今回のイベントです.

ある市民体育館を借りて,自己紹介,10m歩行検査,ミニゲーム(大きな動きを意識),ジムの使用方法説明,今後の話し合いという内容でした.時間は結局3時間30分でしたが,とっても内容が濃く,充実した時間を過ごせました.

10m歩行検査は,始まる前と運動をした後で計測しました.その結果はなんと参加者6名中6名改善しました!!!やっぱり楽しくやると効果絶大なんですね!

コンセプトは楽しくポジティブに!気付きをみんなで共有する!

今回,私たちが大きく学んだ点は,ご家族の存在.今日は,奥さんと息子さんも一人ずつ参加してもらえました.

息子さんからは,「母の状態を理解しなければと思っていたが,こういった運動機会があることでどんな運動がやりにくいかって分かる事が出来た」とおっしゃっていました.

本当に探り探り一歩ずつの前進ですが,確実に前に進んでます.

絶対に今の医療の現状にイノベーションの渦を巻き起こします!

継続は力なり.今後も活動を続けていきます!

今回のイベントの詳細はイベント情報に記載します!