NPO

〜文章より抜粋〜

福祉サービス分野で,日本のNPO(民間非営利組織)は将来.どれだけの可能性を有しているのだろうか.米国の福祉系NPOのなかには,ボランティアの選別・訓練⇒活動評価といったスレップを経て,ボランティアの自発的な社会貢献意欲を最大限に引き出そうとする団体もある.ボランティアを動員し,サービス利用者のニーズにこたえながら,米国社会をどこまで変えられるか,政府と協働をいかに確保するかなどをめぐって,福祉系NPOは競争を繰り広げる.この米国方式を,そのまま日本に導入するのは難しいだろう.むしろ,現在の日本的特徴を活かしながら,学生や企業従業員のボランティア参加を支援する環境.NPO間の競争を促す仕組み,退職者とボランティア活動との橋渡し等を工夫する事が必要と思われる.

 

〜スマイルポイント〜

日本には現在2300ものNPO団体があり,その6割程度が医療・福祉系の活動を行っているかもしくは行おうとしているからしいです.

NPOってそんなにあるの〜!?しかも,6割って相当が福祉に目を向けてるんだ
〜!!!!って思ったあなた!

そうです!今,世の中は医療・福祉に目をつけているんです.それだけ需要があり,まだまだ足りていないってことですね!

しかし,こんなにもNPOがあるのにも関わらず,存在を知らない人たちは何だか損した感じですかね?

ケアマネージャーさんやソーシャルワーカーさん,ヘルパーさんとかもどんなNPOがあって介護保険外でお得に埋めてくれるサービスがあったらキャッチしていきたいですね!

みんなで情報共有出来たら最高です!!