知らなかった在宅就労⑥おわりに

l  おわりに

私は在宅就労という働き方に出会うまでは、病気のことで人のお世話になることばかりで自分に出来ることは何もないと諦めの気持ちが強くありました。しかし、在宅就労によって私でも人の役に立つことが出来るということが分かり、やりがいも感じられるようになりました。そのおかげで今までの諦めの気持ちから前向きな気持ちへと変わりました。在宅就労に出会えて本当によかったと思います。

また、在宅就労はどんな障害のある方にも就労への道を開いてくれる働き方です。自分で言うのも変なのですが、私のような重度障害者でも働けています。病気で体調に不安のある方でも自分のペースで働けます。もっと働きたいという方は在宅雇用や一般企業への就職などステップアップも可能です。在宅就労はその人が持っている可能性を広げてくれる強力なツールだと思います。このような働き方が世の中にもっと周知され普及し、少しでも働きたいと思っている障害のある方がよりよく働ける環境が整って行くことを切に願っています。