知らなかった在宅就労③在宅就労とは?

l  在宅就労とは?

在宅就労はパソコンとインターネット環境さえあれば自宅に居ながらにして働くことが出来ます。障害があるために体調が不安定であったり、外出が難しかったりする場合に適している働き方です。

在宅就労には大きく分けて、雇用契約のない請負型雇用契約のある雇用型があります。私の所属しているes-team(エス・チーム)でもこの2つの働き方のどちらかを選択出来ます。

~請負型~

私の場合は請負型で働いています。労働時間や仕事内容を自由に選べるため、体に負担をかけることなく自分のペースで仕事が出来ます。体調の悪い時は早めに申し出れば仕事を代わってもらうことも可能です。ただし、収入は出来高で不安定です。私としてはやることがあるだけでありがたいので、収入はあまり気にしていません。仕事内容としてはWebサイトの制作や更新を主にやっています。仕事はメーリングリストで一斉通知する公募方式のほか、個人の力量にあわせた個別依頼などもあります。仕事でのやりとりのほとんどはメールでこなします。

~雇用型~

一方、雇用型であれば収入は固定給で、契約によっては社会保険などもあります。ただ、働く時間は週20時間以上で労働時間の臨機応変な変更などは難しいです。雇用なのである程度は時間での生産性を問われます。