知らなかった在宅就労①在宅就労を始める前の気持ち

l  はじめに

私は現在29歳で進行性筋ジストロフィーという病気を抱えています。全身の筋肉が徐々に弱って行き、自力で体を動かすのが困難になる病気です。病気が進行していくと心臓や呼吸をする筋力も弱くなるので、私はほぼ24時間、人工呼吸器を使用しています。実家でヘルパーさんを利用しながら家族とゆっくり過ごしています。

 

l  在宅就労を始める前の気持ち

働くとなると18時間で週40時間は働かなければならないというイメージがあり、自分の病気のことを考えればとても体力的に不可能に近いと思っていました。この当時は恥ずかしながら20時間以上40時間以内でも働ける企業や在宅就労など多様な働き方があること、障害者を積極的に雇用している企業があるなどの知識や情報が全くありませんでした。大学では周りの同級生が必死に就職活動する中、自分は働くことが不可能だと思い込んでいたので何もせずに大学を卒業してしまいました。まさか私が働けるとは想像すらしていませんでした。