パーキンソン病のリハビリテーションに関して,発症初期から処方が出る病院は数少なく,出たとしても現在の医療体制において継続的にリハビリテーションを続ける事は難しいです.

PD Cafeはパーキンソン病の発症初期~軽度(重症度3)の方を対象とし,集団の力で運動を継続することを目指しています.

パーキンソン病のガイドラインにおいて,薬物療法とならんで運動療法の効果が示されてきました.

適切な運動と運動習慣を早期から身につける事により,身体機能の低下を予防出来る可能性があります.

パーキンソン病にとって運動が良いのは分かるけども1人ではどうしても続けられない…そんな声が多く聞かれました.

集団の力で同じ境遇の方々と一緒に運動することで継続的に運動を行けるようにしていきます.

そこでまずは...

月一回集まって気軽に運動を出来る場を作りました

月一回の定例運動教室が2013年からはじまり,現在会員数や拠点数は増えて来ています.

東京都小平市:小平市民総合体育館 2013年4月-

東京都世田谷区:世田谷区総合福祉センター 2016年6月-

神奈川県川崎市:2016年 9月- 開催予定

一方通行の指導ではなく,フラットな立場として,お互い協力し合いPD Cafeの運営が永続するような環境作りを目指しています.ある程度の緩さがPD Cafeを続けるために必要です.PD当事者の皆さんのお力もお借りして成り立っています.

皆さんで一緒に素敵な空間を創りましょう.